Tuesday, 31 July 2012

at flea market...Shibuya

Bone print raincoat and penguin rainboots.


渋谷、BOYのtommyからお声がかって
参加したフリーマーケット。
雑居ビル4階、テナントが入らず手つかずでむき出しのビルは
ちょっとした廃墟みたいで
tommyが言うには
「ま、こういう所でやるのもそれはそれで面白いかなって」って。


at flea market in Shibuya.




パパとママと、ちいちゃい妹と一緒に来てた花道(はなみち)くん。
くりくり坊主の人懐っこい男の子。


花道って名前はパパ
「昔から子供が出来たら、つけよう思てた名前なんです」。


Monday, 30 July 2012

on the street...Harajuku





I often see them when I'm in Harajuku.


原宿で良く合う男の子たち。
こういう「ゴリゴリ系」な仲間みんなで10人位集まって
お台場に遊びに行ったと言って、
iPhoneの中の写真を色々見せてくれた。
「修学旅行生に写真撮られたりして、結構たのしかったっすよー」。




Right guy told he worked at restaurant in Shibuya 
called 'Usagi': It means Rabbit in Japanese.
'Yes! this shop is famous for avocado food,
and is nominated 'no.1 restrant by hot pepper lanking'
Rei-san, come our restaurant whenever you have a time!.






しながわ水族館だったり、上野公園だったり、
どうも「違和感」を感じそうな場所にあえてみんなで遊びに行くのが
仲間の中で流行ってるらしい。




のんびりゆるんだお台場で、
こんな黒くて屈強な男子がぞろぞろ集ってる写真は
どう考えてもファニー以外の何物でもない。
iPhoneを囲んでクスクス笑って
「バカだね」
「ですよねー」
って言いあう。


「バカだね」っていうのはつまり、最上級の褒め言葉。

Sunday, 29 July 2012

So-en × STYLE from TOKYO


It's honor of me to announce
we can read the article of STYLEfromTOKYO
on the So-en magazine,September  issue
published 28th June.

That is
'Street portlait  by Rei Shito.'
HERE is the detail.(sorry,only in Japanese!)
this time,I  feature Asia Fashion Exchange in Singapore 

7月28日発売の装苑で
シトウレイのストリートポートレート vol.21が
掲載されています。(P124-125)
今回はシンガポール・ストリートスタイル。


Thank you,So-en mag!
ありがとうございました!

on the street...Aoyama


All brack style in the summer.
this hat and pants is DEE DEE,
Bag is burberry,
belt is Yves Saint Laurant.


あっつん。
ずっと昔から撮らせてもらってる。
もう何年も、何年も。


前までずっとドレッドだったけど
今はサラサラつやつや、ストレート。






He's my friend we happened to meet bu chance
when he take a walk at Omotesando street.


「ドレッドからよくここまで髪ツヤツヤに戻したねぇ」
「だよね、女の子みたいに毎日トリートメントして
やーーーっとここまでなったんだよー。」
ってケラケラ笑う。


まー、でもファッションやってるから
こういうディテールlこそちゃんとしなくちゃね」


He told yesterday he drunk beer
from 8pm to 6am,today's morning.


So he had heeeeeeavy hangover.
He took a walk from Shibuya to Harajuku through to Aoyama
to cure it now.


あたしがあっつんを好きなのは
きっとこういう所だ。


'yeah, I think I can do it,
I'll drunk beer tonight, too,haha!'

Saturday, 28 July 2012

on the street...Harajuku




スケボー男子3人組。高校生。
将来やりたい事は、「映画系の仕事」「舞台照明」とか。


映画が好きな男の子。
お勧めの映画を教えてくれた。

They're just high school student,
brushing up their skill of skateboard at cat street.

「『my blueberry night』いいんです。夜みると、特に」。


I like their mixture with mode style and skater's one. 
Recently I often find such one like them in Tokyo street.

Friday, 27 July 2012

on the street...Aoyama


真っ赤な口紅、きりっとまとめた黒い髪、
大ぶりのアクセ、すらりと伸びた長い脚。


Red rouge, long legs.
I really her 'fashion'.




身体の長所を活かしたファッション。


Fashion is not only what she wear,
but also who she is.I think.




短所を隠すファッションよりも
長所をのばすそれのほうが
いさぎよい気がするので
(見る立場でも、着る立場でも)
個人的には好き。




潔さ。
これはあたしにとっての、ファッションの基準。

Thursday, 26 July 2012

on the street...Harajuku




He's editor of 'Free and Easy'
men's fashion and lifestyle magazine in Japan.

編集者さん。次の打ち合わせまで小休憩。
さすが編集者さんだけあって、色んなお店を教えてくれた。
革のお店やメンズのセレクトショップ。こだわりの男子のためのお店だって。
この日の撮影の後、早速聞いたお店に行って、驚いたのを覚えてる。

あたしの場合素敵なお店だったり物だったり人だったりは
こういういつもの撮影中に、教えてもらう事が多い。


he told he has a little break before next meeting,
'What I wanna do in the future?,,hummmm,,,
farmer, I wanna live my life in the nature.'

アンケート。今欲しい物は「車」。
「車、特に早い車がいいですねー、スポーツカーみたいな」
「男の子ってなんで車が好きなの?」
「うーん、アドレナリンが出るんですよ、ふわーって」って。

あたしは女の子なので良くわからないけど
男の子のこういう話を聞いたりするは、
結構好きだったりもする。



Wednesday, 25 July 2012

Tokyo dandy gentleman...vol.53


Hello gentleman in near future!




He's PR communication of  F.A.T.,
japanese classic and street casual men's brand.


F.A.T.のプレスの彼。
ちょうどランチの帰り、お店に戻る途中の一枚。


I think
this brand is good for spice of traditional gentleman style,
and also good for next step from street casual style.




ジャケットとシャツとパンツはF.A.T.
タイとチーフはそれぞれcharvet 、そしてRalph Lauren、
革靴は確かBrooks×Aldenのもの。




あたしにとってのFATって
ストリート・キッズが背広に至る第一歩として、
もしくは紳士がハズシにチョイスする、
そういう立ち位置のブランドだ。


紳士と男子のちょうど間の立ち位置というのは、
このブランドの魅力の一つ。

Tuesday, 24 July 2012

on the street...Harajuku

FACETASMのパンツとベスト、
マーチン×ギャルソンのシューズ。




He's guy I often take a pic of 
whenever I find him.


He told he had been fitting model of FACETASM,
japanese street brand.




ルーズさのあるスタイルには、清潔感が必要で。
ストリートっぽいスタイルは、「きちんと」感が重要で。




相対する要素を意識しておくと、
それだけでファッションは洗練される。

Monday, 23 July 2012

FIGARO japon × STYLE from TOKYO

STYLE from TOKYO is contributing with FIGARO japon.
We can share up-coming tokyo street news 
at my monthly column called `tam tam tokyo '
(P35)
this time, I'll feature new concept shop in Shibuya

called 'Pyaruco/Paryuco'.


今月20日発売のFIGAROjaponに
連載「tam tam TOKYO ~東京ストリートニュース~」
が掲載されています。
「『ぴゃるこ/ぱりゅこ』で渋谷のファッションが変わる?!」
です。(P35)




Thank you!
ありがとうございました!

at the cafe...Harajuku


自転車にのって走っていたら、突然声をかけられる。
「おお、れいちゃん!コーヒーのんでけよ」
もちろんあたしはご馳走になる。としおさんはあたしの大好きなおやじ




He's my fav gentleman in Harajuku,
Toshio-san!
He's boss of CA4LA, fine select hat shop.


隣に腰をおろして話をする。
この日は確か帽子の話。
「最近の若い子はさぁ、ヘッドピースなんかも街で平気でつけてんだよ、
すげぇよなぁ」
「お洒落だよねぇ」
とか。


We enjoyed talking at small cafe near his shop
about the fashion of this city, about next trend of hat and headpieces.






メガネ、ネクタイ、ポケットチーフにピンバッチ。
紳士のお洒落の見どころは小物それぞれの組合せ具合。




Sunday, 22 July 2012

at the show...Wut Berlin



There was a show of young creators at Wut Berlin,
select shop in Aoyama.


Wut Berlinのストアショー。
ショーを目当てに来たファッション・キッズも、
たまたま通りかかったおばあちゃんやカップルも
色んな人が混じり合ってて、ちょっと面白い空気感。




We sit down on the street around the shop,
it made me remember when I was a school girl.




Saturday, 21 July 2012

on the street...Harajuku



Guy on the right told me 
recently, he got photo-book of Brian Setze,
his fav musician.
He explained me about him enthusiastically. 


原宿、明治通り沿い。
デニム・オン・デニムのそれぞれのスタイル。





I don't know who he is and not so interested in him,
but it's fun to see the guy talking about his favorite stuffs.



「今から2人で甘いもんでも食いに行こかと思って」
「まだ行く所決めてないんですけどね」

Friday, 20 July 2012

on the street...Harajuku



最近撮らせてもらった中でも特にお気に入りはこのスタイル。


love her mixture style:mode style with street style.




モードスタイルにストリートのエッセンス。
彼女は、もう最近はいつも会うたびにレンズをむけてしまう。


ファッションにおけるジャンルやテイスト、
トレンドだったり、ブランド名、という記号。


彼女はそういった全てをいったんフラットにして、ファッションを見てる。
スーパーフラットな視点からチョイスされたモノで組み合わされたスタイルは
もろもろ超越的で、そして何よりも自由だ。


Mode stuff is from comme des garcon.
street stuffs are from NIKE and her own skateboard




Last time we met,
I remembered we enjoyed talking about her new boyfriend.
she told they're just going out.and show me cute ring from him. 


将来やりたい事の欄。
きっぱり「ファッション!」って言いきってある。
このビックリマークの力強さと言ったら!



彼女みたいな人達がこの街にいる、という事は
なんて頼もしい事なんだろう。






This time, we talked again after the shooting.
'Are you going well with your boyfriend?'
'Oh,I broke up with him.
It's difficult to be good couple,more than to be good friends.'
'Yeah,indeed.
Well,Miki-chan,If I were boy, I was sure I wanna go out with the girl like you,
cos you're so creative and fashionable and especially so kind.'
'Thanks,haha!'




オモハラビル前、友だちと待ち合わせ中、
これから一緒にディナーにでかける前の一枚。



Thursday, 19 July 2012

on the street...Shibuya





ちっちゃくて、ちゃきちゃきとした女の子。


All black style :mixture with street style and mode style.
This one-piece is comme des garcon,
and hat is carharatt.

買ったばかりのニットキャップ、
顔がうまっちゃうくらいのおおきなサングラス、
ギャルソンのワンピース、レースのついたフェミニンなソックス。
モードなスタイルにストリートのテイストを混ぜ込んでみる。

違ったジャンルをミックスして着てる時って、
ちょっとイタズラが成功したような気分になる。


Today she went to shibuya to enjoy shopping
with her sister.
`Yes,I and my sister get along well together.'
she said.

このイタズラ感!
あたしにとってのファッションの醍醐味は
多分そこにある。

Wednesday, 18 July 2012

on the street...Aoyama




写真を整理してたら、ポロリ、と出てきた一枚。
撮る、撮られるを意識する前の「素」な部分。


on the way to go to 
independent fashion show 
at Wuts Berlin,
edgy select shop in Aoyama.


去年の夏のNYC、この一枚を思い出す。
これは確かJeremy Scottのショーに向かう途中の一枚、


今日のはWuts Berlinのストアショーへと向かう一枚。



人を切りとる一枚は、ある一点に焦点を絞る、
都市を切りとる一枚は、俯瞰で眺める。

Tuesday, 17 July 2012

at the shop...HONEY'S DEAD.

Do you remember this tiger pants with tiger face?
The first time I saw was THIS,
and second was THIS.


HONEY'S DEADのレセプションパーティー。
この街に出来た新しいお店。


They got them at DOG,
edgy and crazy cook vintage shop in Harajuku,


一言で言えば「攻め」のお店。
入り口はちょっとわかりにくいし、
最初に入るのは少しく躊躇を感じるし、
置いてある洋服はイージーでカジュアル路線のものとは正反対で
ごつごつとして、一筋縄じゃいかないようなものばかり。




I know there was only 3 pieces as same as this one.
and all of them was kept by his friends.
as it to say, it's symbol of their friendship.




多分あたしたちは
便利かつイージーである事に
若干慣れ過ぎているということに
警鐘が鳴っている、と気が付いている。




その警鐘をならしているのは
他ならぬ自分自身の心の声だということも。




at the receotion party of new 
select shop in Harajuku.



HONEY'S DEADが、この現況のユルい感じに
もしかしたら風穴を、
それこそコーラの缶でも開けるみたいに
プシュっとやってくれるんじゃないか、なんて。








ちょっと期待をしてたりも、する。

Monday, 16 July 2012

on the street...Harajuku




He's hair dresser.


表参道には原宿駅を背にして向かって右、と左の二つの道がある。
同じ通りの道なのだけど
右と左では行き交う人も雰囲気も、驚くほどに表情が違う。




あたしも、所謂ストリートスナップの撮影隊も
ほぼほぼ「左」が持ち場なのだけど
この日は何となく「右」の気分で歩いていた時の一枚。


This shoes is `DANSKO'.


`Recently I got it.
I hear it's used at many work scene like medical center and so on. 
it looks cute and is so comfortable.'



美容師さん。低めの静かな声の人。
今はちょうどモデルハント中。


「なんとなく、こっち側(右)の道の方が自然体な人が多い気がして。」って。




I always ask people I photograph at street
to write the questionnaire,
so I always keep the sheet and board to write.
there are many  stickers on the back of the board 
these are my friend's brands, shops and so on.
Actually I can't stop putting them whenever I get them as a child.

He find one sticker on it by chance.
'Oh,it's BODYSONG!
I made this lookbook on this season
as hair and make some days ago.
What a coincidence!'




Sunday, 15 July 2012

on the street...Shibuya



Do you remember HIM
Recently I often see him,
he always keep skateboard on his hand
whenever I see him.




最近良く合う
買ったばかりのスケートボードはまだピカピカで。





in front of comme des garcon in Shibuya Parco.




友達と待ち合わせ中、
今から代々公にスケボーの練習しに行くところ。

Saturday, 14 July 2012

on the street at night...Aoyama



So sophisticated guy!
He's shop staff of tomorrowland in Shinjuku,


today he was off,so he come to Comme des garcon
to see shoes,he told.




シャツ、パンツ、ストールそれぞれの丈。
スタイリングしかりサイジング。
洗練を生むのは「何を着るか」ではなく「どう着るか」。


This shirts is WHEREABOUTS,
stole is CHRISTOPHE LEMAIRE,
pans is kolor,and
clutch bag is fabrick,


日暮れ前、青山コムデギャルソンの前。

確かルミネのトゥモローランドの人だって。

Friday, 13 July 2012

on the street...Shibuya



確か週末、渋谷、井の頭通りの入り口のところ。




They're Sumo wrestlers!
I happened to find them  weekend in Shibuya.
today they're off,so come to hanging around, they told.



おすもうさん二人組。
「あたしあぐらがかけるようになりたいんです!」
って相談したら
「たっだらお風呂に入った後に『ないてんきん(?)』を
毎回伸ばすようにして…」
ってストレッチの方法を教えてくれて。
「すぐ出来るようになりますよ」って。


Thursday, 12 July 2012

asahi news paper degital × STYLE from TOKYO

I'm so happy we can share my monthly column
at asahi newspaper digital.
That's 'fun!fun!fashion! by Rei Shito.'


This time,STYLEfromTOKYO focus at
tokyo street fashion.


It's HERE (sorry only in Japanese!)


シトウレイのfun!fun!fashion!
今回は「
人気急上昇! 「ハズシ」アイテム、帽子がアツい!です。


記事はコチラ  





Thank you!
ありがとうございました!

on the street...Harajuku




There is a edgy select shop in Harajuku 
called 'Honey's Dead'.
it's managed by them,Hiro-san and Irie-san.




原宿、HONEY'S DEADのすぐそばで
ちょっと休憩中のオーナー。
ヒロさんと、入江さん。



I happened to meet them
when they had a small break near their own shop.
maybe you think they look a little scary,but they're so kind and gently.



ここは、大多数の人に、なんとなく足を運んでもらうお店ではなくて、
多くの人には「よくわかんない」って言われちゃうけど
少数の誰かにとっては
絶対的に確かな価値と、そこに行く意味を持つ、そんな求心力があるお店。


Wednesday, 11 July 2012

on the street...Harajuku



Do you remember HIM ?
Recently he opened new vintage shop at Harajuku.
I met him at cat street by chance,
he prepare opening party of this shop,
'but we haven't finished making our shop indeed.
there hasn't been  door yet!!so now we're making it,haha!'


原宿に新しく古着屋さんが出来た。
PIN NUPって名前の店で
もうそれはとても心をくすぐる古着屋さん。
オーナーのボブさん。
多分あたしは
彼のファッションの経験値、が好きなのだと思う。




His shop is 'PIN NUP'.
crazy cool and funny vintage shop.






何かを始める時はいつでも躊躇をしてしまいがちだ。
例えば①自信がなかったり、
それに②タイミングが悪そうだったり、
そうそう、③準備が整ってなかったりだったり、
色々デメリットがわいてくる。




そんな時に何かを始めなかった時のデメリットをその時考える。
未来に
①「こんなはずじゃなかった」や「やっとけばよかった」って
とんでもないダサい後悔をする、
そうだ、まず今現在②けじめのつかない自分自身に嫌気がさす。
一番怖いのは③自分自身の成長がこれで止まる。




始める勇気がちょっと湧いてくる。



Tuesday, 10 July 2012

on the street...Harajuku



キャップからのぞく緑のたてがみ、
迷彩ジャケットの上にはハンドペイントが赤色でプリント、
バックシャン。

What he wear now is bought at RADD LOUNGE,
his favorite shop.
This army jacket with red print on his back
is ANTITHESIS,original brand of this shop.


「自分でちょこちょこリメイクして小物とか作ってて。
いつかそういうの集めた自分のお店をやれたらいいな」って
ちょっと照れながら話してくれた。


Recently there are few shops possessing great charisma in Tokyo.
only few people make their style by choosing what they wear only at one shop.
so RADD LOUNGE is unique shop comparing with the other shop at Tokyo
in the point of view of personal magnetism.